よりお得な後発医薬品

cat

最近になってよく目や耳にするようになった言葉である「ジェネリック医薬品」。これは、後発医薬品という意味の言葉で、新薬よりも安い価格のものが多いという特徴があります。
後発で発売されたから価格で勝負しているの?という風に考える方もいるでしょう。基本的にその考え方で間違いはないでしょう。
ただ、後発医薬品だから新薬に比べて効果が薄い、効果が小さいというようなことはないということは覚えておきましょう。
なぜ、安いのに同じ効果を得られるのか?その理由は非常に単純です。

私たちが普段服用しているような薬や犬の薬には、特許があります。
基本的に新しい薬の開発には膨大なコストが必要になるので、その開発コストをまかなうことができるよう、特許をもうけて特許が生きている期間は、開発した製薬会社の独占販売状態になるのです。
特許がそもそも存在しなければ、開発は他社にまかせて新薬が販売されればすぐにそれをまねて安い価格で販売するといったようなことも可能ですよね。ただ、そうなってしまうと今度は誰も膨大なコストをかけて新薬を開発しようとしなくなるわけです。
ですから特許で一定期間独占販売の状況が作られるわけなんです。

後発医薬品というのは、その新薬の特許が切れた後に同じ成分、同じ製造法で作られた医薬品なのです。
後発医薬品では開発費用などがかからないので、販売価格を抑えられるので新薬に比べて安い価格で購入できるわけです。
そのうえで、新薬と成分も製造法も同じですから、効果の違いは全くなく、全く同じような効果を期待できるので、治療薬を必要としている人にとって後発医薬品はとても役立つ存在なのです。
こうした後発医薬品は犬の薬にも多数存在しているので、そうしたものを利用して犬の薬にかかる費用を抑えるのも賢い利用法だといえます。